いわき経済同友会

明日の経営に繋がるアイディアが溢れています。
The Society for Economic Activation of IWAKI CITY
お問い合わせ

健康が一番!Healthニュース

2014.05.12

第3回 『ストレス症候群』

page_23_080906_043625

ストレス症候群について

「最近気持ちが落ち込みがちだ」「体の疲れがとれない」・・・・・
そんなあなたは、ストレスが原因で心や体に不調をきたす”ストレス病”にかかっているかもしれません。心身からはいろいろなサインが発せられています。注意深く、耳を傾けてみましょう。

ストレス症候群の種類

以下に紹介するようなさまざまな症状を総称して、ストレス症候群といいます。 これらは、医学的な病名ではありませんが、うつ病や不安障害、心身症などの病気の一症状としてあらわれている可能性があります。 心あたりがある場合は”危険信号”ととらえ、専門医に相談してみましょう。

■テクノストレス症候群page171-01
コンピュータに不慣れな人が強い負担感を覚え、動悸やめまいなどの症状を起こす。 逆にコンピュータに強い人がのめり込み過ぎて、現実社会への適応能力が低下する場合もある。

■スーパーウーマン症候群
page171-02仕事でも家庭でも百点満点を目指してがんばってしまい、負担が限度を超えてダウンしてしまう。 手を抜くことができない完璧主義の女性に多い。

■出勤困難症
page171-03出勤しようとしてもどうしても体がいうことをきかず、職場に行けなくなる。 精神的な面だけでなく、頭痛や腹痛などの身体症状をともなうこともある。

■サンドイッチ症候群
page171-04中間管理職にある人が、上司の命令と部下の要望の板ばさみになり、ストレスをためこんでしまう。 「自分が我慢すればいい」という、気真面目なタイプがおちいりやすい。

■帰宅拒否症
page171-05家族の期待(昇進、昇格など)に応えられない、居場所がないなどの理由から、 仕事が終わっても無理に残業したりどこかに立ち寄ったりして、家になかなか帰りたがらない。

■入社症候群
page171-06いわゆる”五月病”。期待と希望に満ちあふれて就職したものの、 心に描いていた職場・職種とは違うと思い悩み、無気力になってしまう。

■燃え尽き症候群
page171-07今まで第一線で熱中して働いてきた人が、ある日突然、糸が切れたように無気力になり、 仕事への意欲を失ってしまう。

 

情報提供:アルパインビジネスサービス株式会社(略称:ABS)